日々成長を目標に、感じたことをしなやかに綴っていきま~す♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ を読んだ

足からの冷えはつらいです~…きょんここです。

最近図書館で予約している本が続々利用可能となるので楽しいです。
(何人も予約待ちをしていてもそのまま待っているので、半年後に連絡が来たりします)

今回はこの本を借りました。

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ「つい悩んでしまう」がなくなるコツ
(2009/09/11)
石原 加受子

商品詳細を見る


読んでみたら結構、
「あぁ~こうやって悩むよなぁ」とか
「あこれ、まさに○○のことだわ」とか、同感でした。

私は子供のころ「だって」を使いすぎて親に怒られたことがありました。(確か親だったような)

「でも」もしかりです。

会話の最初に「でも」がつくとか。

本人無意識でつい使ってしまう「でも」。
これを違う言い方をすることにより受け取り方が変わってくるというのはなるほどでした。

また、「どんなにいい人でも自分に罪悪感がある人は幸せになれない」というのも納得でした。

謙遜するのとまた違うんですよね。

この分を読んで「自分中心」の意味がわかった気がしました。

本の内容は、6割納得4割「うーん」でしたかね。

すぱすぱ次の本読みます☆


ブログランキング☆自分を肯定する勇気☆
スポンサーサイト
[ 読書 ] . TB0 . TOP ▲
    
この記事のトラックバックURL
http://kyoncoco.blog4.fc2.com/tb.php/807-9ff592f5
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。