日々成長を目標に、感じたことをしなやかに綴っていきま~す♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

お金を出すときにやっていること

きょんここです。

先に言いますと(笑)これをやっているからと言って、お金がたまったとかじゃないですよ~。

サービス業にかかわるものとして、実際「う~ん」と思ったことを自分はやらないように、
心がけていることを書きます。

その1 お札の顔を表に渡す側の人に向けている
接客していて、「お金の向きをそろえるように」と注意されます。
それをやっていると、渡す時も気をつけるようになります。
その方が気持ちよくお金を出せるような感じがします。

さすがに小銭まではやってませんが(笑)

ちなみに…自分がお金を払う立場の場合、向きがそろってない状態でお札を渡されると
ちょっとだけ「…」と思ったりします(笑)まぁ「あまり気にしてないんだな」程度です。


その2 少額の支払いに対し一万円札でしか支払えない場合に、ひとことお伝えする。
「大きくて申し訳ないですが」「一万円でもいいですか」など。
これに対したとえ表面的かもしれなくても、快く受けてくださる店員さんはありがたいなぁと思います。

私も接客時に、その一言があるかないかだけで気持ちが違うかも…。
ですが、そうやってひとこと伝えてくださる方は多分半数以下です。

仕事って、どんな仕事であれ「人」がいるから成り立つんですよね。
ほとんどが「お客様」ありきのはず。

そして、誰もが「売る人」「買う人」の立場になるんです。

だから、「お客様は神様」という考えは私は違う気がしますね。

明日は我が身…今日の売り子が明日はお客様なんですよね。

自分が人に快いと思って頂ける「売り方」をしたいですし、
その逆で「買ってもらってよかった」という人でもありたいです。


ブログランキング☆まだまだです☆
スポンサーサイト
[ キモチ ] . TB0 . TOP ▲
    
この記事のトラックバックURL
http://kyoncoco.blog4.fc2.com/tb.php/868-3f7588b4
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。