日々成長を目標に、感じたことをしなやかに綴っていきま~す♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

アトピーの話・3

きょんここです。

アトピーの話の続きです。
母が連れて行ってくれたのは初台にあるこちらの病院でした。

待合室には沢山の皮膚疾患の写真が貼ってあった記憶があります。
順番が来て、蔡先生に診察して頂き、治療に関する冊子を貰った記憶があります。
そこにはピラミッド型の図解と、食べてはいけないものが書いてあった気が…。

そして、今日治療をしますか?と聞かれた記憶があり、
せっかく来たんだからやって帰らないと…と、治療をすることに。
この時にはまだ何をするか知らない私なのですが…。

身体に毒素が沢山たまり、それが爆発して今に至るので、
その毒素を出さなくてはならない。
そのために…。

直接患部から毒素を出す。

鍼?剣山?のようなもので患部をたたき、カッピングで吸引し悪い血を抜く。

という治療でした。

私の一番ひどい症状が出ているのは顔。
なので、顔に鍼(一本じゃないですよ、それこそ剣山の感覚)でトントンたたくのです。
症状が出ているということは刺すと痛いのです。

初めての治療はすごく痛かったです。

顔を一通り治療して、鏡を見ると…。
カッピングの丸い跡が残っています。痣のようにもなっています。
顔だって腫れています。
これで家に帰るのか…とショックでした。

そして、この顔で母の前に出たら母がショックを受けるかも…と思いました。
だから、母の前で泣いた気がするのですが、
母は平然としていました(もしかしたら、私が落ち込まないように、だったのかな?
それとも、治療出来ただけ安心してくれたのかな)。

マスクをして帰るのですが、一番吸引の跡が目立つのはむしろマスクが隠れないところ…
つまり顔のキワなんです。
比較的肉が少ない骨の上の治療はとにかく痛かった記憶があります。

でもマスクをしないわけにはいかないので、つけて帰りました。

治療としては、吸引を定期的に受ける事と、
漢方系の薬、お茶、入浴剤を使用、とのことでした。
入浴剤はまさに漢方な液体を入れて、30分間こすりながら入るというもので、
長風呂しない自分には結構しんどかったです。

お薬も錠剤を10粒のむので慣れるまでは大変でした。

そして、食べ控える食材が山のようにありました。
といっても、粗食であれば問題ないのですが、
洋菓子はほとんどNG。コーヒーや刺激物も駄目(ニンニク・唐辛子など…)。
いくら等も駄目でしたね。
絶対発狂すると思っていましたが、案外大丈夫だったなという記憶があります。

次回は、治療経過を書いていこうと思います。

ブログランキング☆光が差してきた☆
スポンサーサイト
[ キモチ ] . TB1 . TOP ▲
    
この記事のトラックバックURL
http://kyoncoco.blog4.fc2.com/tb.php/874-86b43a9e
trackback
 - 
管理人の承認後に表示されます 

2012/05/24 01:57  



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。